Q、カビの発生を予防するには?

こまめな掃除や換気が必要です。結露は工夫して改善しましょう。
・除湿(季節を問わず、湿気が多いと感じたらエアコンのドライ機能を上手に利用します。)
・畳の上に敷物は禁物。室内の小物を整理し、風通しをよくしましょう。
・観葉植物・水槽などは出来るだけ室外に出し、洗濯物は干さない。

Q、カビが生えてしまったら?

1) まずよく乾かしてください。
(乾燥しないとカビの落ちが悪く「シミ」になることがあります)
・窓を開けて風を入れます。
・湿気の多い場合には、エアコンのドライ機能を活用して乾かします。
2) 乾かしてから畳の目に沿って時間を掛け丁寧に掃除機をかけてください。
畳の目に詰まったカビは歯ブラシ等で取ってください。
3) 表面のカビを落としたら、お湯に酢を入れてよく絞った雑巾で畳の目に沿って拭いてください。
(お湯の方が早く乾きます。
酢は殺菌性がありさらに表面に薄い膜を作ってくれ汚れにくくなります。)

これでOKですが、心配な方は布にエタノール(消毒用アルコール)を染み込ませもう一度拭いてください。その後は換気とこまめな掃除を心掛けてください。

Q、ダニが発生したときはどうすればいい?

掃除機をこまめにかけてダニやダニのえさになるものを吸い取りましょう。またふだんから室内の換気をよくし湿気をこもらせないように。年に1、2回畳干しをするとダニ退治できます。それでも気になるようでしたら、畳乾燥をお勧めしております。

畳乾燥について詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください。084-976-1208受付時間 8:00-18:00 [ 定休日:日曜 ]

お問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。